スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブライト・マインド“一色 真純”でデッキを組んでみた

最近大会成績がいいので、レポ上げなよって言われつつも内容をあまり覚えてないので
使ったデッキのレシピでも。


キャラクター
2 サイボーグマッサージャー
2 バグキラーロイド
4 洗いっこ少女
4 チェインバーメイド
4 ホットコーヒー少女
3 新人ボイスアクトレス
2 おてんばメイド
2 龍女
2 山子
4 貴族令嬢
4 スペース・フロイライン

ブレイク
4 グラマラスバニー
3 ナイトクラブバニー
3 アルビノシンガー
4 賢姉様“葵・喜美”
4 ブライト・マインド“一色 真純”

パーマネント
3 ショッキングビキニ

プロジェクト
3 ポースタンレインボウ

ファスト
3 解雇通知


黎明で“一色真純”が戻ってきてコントロール寄りのカードが増えたので組んでみた。

基本的には10枚と少し多めに積んだ軽ブレイクで展開し、各種コントロールカードで相手を妨害。
“一色真純”を出した時点でフルパワー、ショッキングビキニまで持っていきコントロールカードとの
併用でアタックしていく。

キャラは“一色真純”のパワーをブレイク後MAXまで持っていきたいので、アグレッシブ無しを多めに採用。
アグレッシブ展開が弱くなるが、その分を新人ボイスアクトレスのフェッチ効果で自勢力のキャラを安定支配
できるように構成。

軽ブレイクは1ファクターのグラマラスバニー以外に、2ファクターではあるが相手のパワーの刺さった
ドローキャラを横取り出来るナイトクラブバニーと、後攻で1ファクターとイニシアチブを得る
アルビノシンガーを採用。

こちらに干渉してくる妨害カードは、洗いっこ少女のプレイヤーアンタッチャブルや、
賢姉様“葵・喜美”のキャラクターアンタッチャブルで回避出来る。

ショッキングビキニは“一色真純”が相手の妨害とメインアタッカーになっているので、生存力UPを目的に。
地味に+(1)が役に立つ。

プロジェクト、ファストは盤面のコントロールや“一色真純”のアタックを通すのに。


こちらがコントロール出来る範囲がキャラクターのパワーカードやワーカー対象なので、
軽ブレイクで横展開するデッキとか、焼きカードは防げるけどプレイヤー全てやセットされているカードを
目標にするもの、相手のキャラを強化するようなカードは防げないので苦手なデッキは結構多い。

今後の課題は上記のデッキへの対応策を考える事かな。

スポンサーサイト

黎明の女神 簡単カードレビュー(白)

黎明の女神 発売記念カードレビュー。

地元の若者3人が2色ずつカードレビューをしてくれることになりました。

刹那君:白、緑担当
見習いノート

カニちゃん:赤、青担当
カニの不定期備忘録

燐君:黄、黒担当
燐の趣味全開な喋り場

ただ、若者だけにやってもらうのもなんなので、刹那君には申し訳ないが白だけレビューします。
赤以降は気が向いたら。

○白総括
今回のRネーム枠は大型育成、エフェクト対策、イニシアチブ、ボードコントロールとなんでもござれで
どれをメインに据えても活躍できる性能。
それぞれのネームに対しての補助もあり、パワコンとワーカー狩りの強化もされている。
ただし何でもできるからと欲張ると器用貧乏になるのである程度コンセプトを絞った構築が必要。
相手の妨害に関しては賢姉“葵・喜美”がほぼカットしてくれるので大型を出してアタックまでの
流れを安心してこなせる。

○夏少女
スチューデントの精神0チャージ。
ミラーやホライゾン入りの青などに狩られそう。
まだバグキラーロイドやサイボーグマッサージャーの方が安定支配出来るので、
投入は環境のメタ次第。

○看護師
0/0/1チャージが少し強くなって戻ってきた。
序盤に出てくると勢力キャラからのダメージ減少でアグレッシブ展開が遅れてしまいそう。
アビリティが生きてくるのは中盤以降か。
ワーカー単アイコンなので白以外にはほぼ取られず、耐久3あるので生存力は
それなりに高い。
他色のデッキでも精神0チャージ枠があまってるなら1~2枚程度の投入はありかも。

○新人ボイスアクトレス
1/1/1チャージに支配時フェッチパーマネントのおまけ付き。
白は他色に比べ自色のアグレッシブが弱いので
(攻撃2は精神力が3あり支配し辛い、精神2以下は攻撃1で打点に欠ける)
用途としてはアグレッシブ確保用よりも序盤の事故防止がメインになりそう。
キャパシティ-2を持っているので、複数枚支配すると手札上限があっという間に
下がるので注意が必要。

○おてんばメイド
チブチャ枠その1。
青黒のキャラビートを防いでくれる1枚。
アイコンもワーカー、タレントと強いのでデッキ投入は他キャラとの相談で。

○チェインバーメイド
支配ドローと2ファク目以降ドローキャラ。
ワーカー単アイコンでアグレッシブも無く、ナイトクラブバニーに横取りされない。
“一色 真純”のアビリティとも相性がいいので
白を組むならまずこれを4枚投入からスタートでいいかも。

○テレパシスト
チブチャ枠その2。
チブと精神攻撃は強いが、精神力2が少しネック。
使われると面倒だけど、好んで使いたくない1枚かと。
これなら3/(2)/1パーマネント-1、イニシアチブで再録の方が使い道あったかも。

○ウェイトレス
再録ドローその1。
チェインバーメイド以外で自色ドローが欲しい時にどうぞ。

○キャバ嬢
再録ドローその2。
ウェイトレスに比べて取られにくいアイコンと精神攻撃持ち。
アシュレイデッキに入れるかといわれると微妙。
自色ならデッキコンセプトとの兼ね合いでデッキ投入を。

○直感少女
ECBと先攻以外支配で追加ファクター発生。
白はキャラや軽ブレイクのスペックの弱さが有り後攻からの巻き返しが他色より厳しい中で、
ファクター加速が出来るのは嬉しいが、
アグレッシブ持ちで補給スキル無しの3/2/1を後攻1ターン目に支配するかと言われると微妙。
3ターン目以降のある程度補給が整ってきた盤面でのファクター加速兼ECB要因として支配
する方がいいのかな。
アルビノシンガーやゴシップメイドの後攻メリットカードや新人ボイスアクトレスなどと
組み合わせての確認が必要かも。

○アルビノシンガー
2ファクター1コストの精神攻撃持ちチャージブレイク。
後攻になると1ファクターになり、イニシアチブも得るので、普通にデッキ投入して
問題ないカード。

○スリープウォーキングガール
2ファクター1コストのシールドチャージ。
分類無視で極星とEGOのキャラクターをブレイク可能。
精神0チャージなどは横取りされにくいアイコンで構築されるので、そこを取っていけるのは強み。
ただ、白のチャージブレイクはアイコン的に強い物が多いので、そことの枠競争に勝てるかと
言われると微妙。
同じエキスパンションにアルビノシンガーがいるのが悔やまれる1枚。

○ナイトクラブバニー
2ファクター1コストのドローブレイク。
2コスト追加でパワーの刺さったドローキャラをブレイクできる。
白の伝統芸、ワーカーブレイクを強化する1枚。
書いていることは強いけど、しっかりボードアドヴァンテージを考えて使わないと
何も考えずに追加コストを支払いブレイクして補給が追いつかない状況になることも。

○ライトニング・センチネル“東海林 光”
イニシアチブの数だけバトル相手の耐久を下げ、3つ以上あればガードされないと、突破能力に
長けた1枚。
PSIエクスパンダースーツでのサイズアップやライトニング・ストライクでイニシアチブ複数付与など、
今弾のカードでサポートも完結しているアタッカー。

○リミテッド・アイ“万城目 千里”
早い段階でエフェクトを封じることが出来るカード。
またエフェクト持ちカードの攻撃力やダメージをコントロールできる能力も。
フィニッシャーの横に立てて相手を牽制できる優秀なサポート役。
なのでこのカード自体がアタッカーになることは少ないかな。

○ブライト・マインド“一色 真純”
かなりのマイルド調整されて戻ってきたパーム。
名前をブライト・マイルドにした方が・・・
まずアグレッシブを持つキャラクターのパワーを自他共に飛ばした後に自キャラのパワーを吸う。
以前の自分にメリット相手にデメリットな感じから一段階弱くなっているので、今までと同じ感覚で
使用は出来ない。
瞬間的にパワーカードを確保できるので、ブレイク後ショッキングビキニをセットしてアタックが強力。

○エクセプショナル・テレパス“結城 望”
ファクターが“東海林 光”より1多い4ファクターの分、バインド1とその他協力なアビリティを持って
帰ってきた望。
相手の手札を確認しながら安全にアタックでき、重ねブレイクで精神攻撃力もアップ。
ただし、下にある望みの枚数分なので、これ1枚では精神攻撃がアップしない。
アイコンセレクトパックに3ファクター1コストの望がいるので、+(1)するのはそこまで難しくない。
このカードもショッキングビキニと相性がいい。

○ゴシップメイド“丹生 すみれ”
先攻だと2コスト必要だが、ドローとチャージの2点補給があるので普通に強い。
数値は今弾の他色SR枠と比べると弱いが、補給カードと割り切ってしまえば問題ないかと。
デッキの一番上のカードを確認するエフェクトも自ターンに相手デッキを除いて嫌なカードなら
下に送ることができ、相手メイン終了に自分のデッキをみて次のドローを確認できるという
デッキ操作能力も魅力がある。
普通にデッキに入れても何ら問題の無いカード。

○プログレスサイキッカー“渡来 愛花”
惑星シリーズヒロインカード白担当。
大型サイズで、支払ったコストの“渡来 愛花”を下にセットできるのでエフェクトパンプサイズが
自然と上がっていく。
エフェクトのサイズアップも通常攻撃力と精神攻撃力が上がるので戦闘力も高い。
プロミスリングをセットしてエフェクトを使用するとパンプ量が倍になるので超大型の完成も夢では無い。
同ネームを複数枚要求されるので、割と専用構築に。
ただ、精神力アップはエフェクトじゃなくてアビリティがよかったな。

○プロミスリング
イニシアチブと各能力+Xに加え、パートナーシステムにするとバインド2とチャージXも追加される。
基本“渡来 愛花”専用カード。
通常戦でも渡来デッキならイニシアチブと+Xがあるので、少しファクターとコストが重い事に目を
つぶれば採用していい1枚。

○ショッキングビキニ
軽くて精神攻撃+(1)に加えて、パワー以下のキャラクターとのバトルダメージを受けないアビリティ付き。
今弾なら“一色 真純”の瞬間パワー補給や“結城 望”の生存能力の高さを一段階上げるのに相性がいいカード。
逆に“万城目 千里”などのエフェクターのパワー変動とは相性があまり良くない。
デッキにスロットがあれば、パーマネント+1を生かしてもう1枚何かをセットしてもいいかも。

○PSIエクスパンダースーツ ver.2.0
ネームにセットすると+3/+2/+2できるカード。
1コストエフェクトでバトル相手の2点焼きもできるので“東海林 光”などの1点突破ブレイクと相性は
そこそこいい。
1点突破という意味では“渡来 愛花”でもいいが、自信のエフェクトパンプが強いので、焼きエフェクト
を使用しなくても、サイズアップとして活用できる。

○ポースタンレインボウ
ブレイクしていないキャラクターのパワーカードを手札に戻すパワコンカード。
白のワーカーブレイクを補助する強力な1枚。
後攻だとファストタイミングで使用できるが、事故った相手の妨害くらいしか使用方法が浮かばない。
ファストタイミングでのいい使用方法があれば情報プリーズ。

○オーバーパワー
ブレイク枚数分+Xパンプとパワーカード補給が出来るプロジェクト。
ファクターは重いが0コストでパワーカードが1枚増えることを考えると+1からでも損を感じない。

○第二の覚醒
ネームをブレイクするとその下に手札の同ネームをセットでき、パワーカードも増える。
カードイラストは“渡来 愛花”なので渡来デッキに入れたいところだが、自信のアビリティもあり
このカードを入れるより同ネームの枚数を増やしたいので、実際は“結城 望”の方が相性がいいと思われる。

○サイキックディストーション
いわゆるメタカード。
パーマネント以下をカウンター出来るが、よほど環境が黄色に染まらない限りデッキ投入はほとんどないかな。

○ライトニング・ストライク
イニシアチブと攻撃力+1できるファスト。
白のアタッカーであれば誰に使っても強いが、“東海林 光”のアビリティとの相性がいいので、
光デッキでよく見ることになりそう。

○解雇通知
ファストタイミングでワーカーへの2点焼き。
赤以外のドローキャラは焼ける。
早い段階での焼きによるコントロールが基本になりそうだけど、ドローキャラのチープガードを
焼けるのもポイント。
ファクター減少で打てる状態はこちらが回ってない状況なので、これ1枚で相手の妨害はできるが
巻き返せる展開まで持っていけるかは微妙。


とりあえず駆け足で。

今後の環境変化で評価が変わることも考えられるが、現状のファーストインプレッションとしては
ここまで。

公認大会開きます

来月の話ですが、レアルトマト別府店にてジャッジ主催の公認大会を開きます。

・7月6日(土)18:00~
・7月20日(土)18:00~
両日とも参加費は1パック購入で、当日受け付けのみとなります。

水曜開催から週末土曜の夕方に変更となりますので、平日だから遠慮してた方や
遠方の方など、参加お待ちしております。

歩行町人さん主催の公認大会も7月31日(水)19:30~ありますので、
そちらも参加の程、よろしくお願いします。

6/2 公認大会

リハビリ第2弾。レアルトマト別府店の公認大会に参加。

参加者は6人で3回戦。
使用デッキは以下。

キャラ34(白20、赤1、青6、緑2、黄1、黒4)

3 サイボーグマッサージャー
3 バグキラーロイド
4 ホットコーヒー少女
4 洗いっこ少女
2 自信満々少女
4 ウェイトレス

1 壺振り

4 貴族令嬢
2 傷有り少女

1 アクロバット
1 山子

1 ウォーターホールエルフ

4 スペース・フロイライン

ブレイク19
4 グラマラスバニー
2 PT少女
2 飛び級生
2 モーニングガール
4 賢姉様“葵・喜美”
2 高嶺“葵・喜美”
3 槍激“本田・二代”

パーマネント3
3 バイオミメティクスアーマー

ファスト4
4 トラストマインド

本田・二代が出るまで~殴るまでを賢姉様でカウンターしつつ場を整える感じ。
バイオミメティクスアーマーをセットまで持っていければ、簡単には負けないかも。


1回戦:英国エリザベス
出だしは順調だったが、本田が手札を通過せずに軽ブレイクとキャラのみの場を
エリザベスに駆け抜けられて終了。
バイオミメティクスアーマーとトラストマインドが手札にあったのに、途中で高嶺→賢姉様
をサーチしたのがいけなかった。。。

2回戦:緑単エリ
後攻で展開もあまり出来ない所を軽ブレイクやキャラでビート→勢力にキャラ溜まる→
処理に追われる→またビートされる→ダメージ10溜まる。
軽ブレイク10枚積んでても、引かなければ意味がないよね。。。

3回戦:英国ウィリアム・セシル
ウィリアム・セシルに嫌気の怠惰をセットしてアタック/ガードコスト縛りながらアタック
してきたりステラエフェクト使うデッキ。
相手の展開が遅れているところに、本田ミメティクス完成させる。
セシル怠惰が完成して縛ってくるも、賢姉様で無効化して駆け抜けて終了。

結果、1勝2敗

中盤の選択肢に甘い部分が。。。
まだまだリハビリが必要ですね。。。

5/26 公認大会

リハビリ1回目。

葵・喜美と本田・二代を入れたデッキ組んだけど足回りの練り込みが足りてないので、
カニちゃんにデッキ借りて参戦。

使用デッキはキャラビートファラオ

1回戦、緑エリ 負け
2回戦、青マルガ、マルゴット 負け
3回戦、不戦勝

2敗1不戦勝。。。
まあリハビリなんでこんなもんですかね。。。

2試合とも順調にキャラでアタック出来たけど、肝心のファラオが手札を通過せず、
あと一歩の押し込みが足りなかった。

とりあえずはアタックコントロールに関して少しは感覚戻ってきたかな。

次回はもう少し頑張ろー。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。